新着ブログ

初参加するなら今、Startup Weekend守山Vol.3 ONLINEが参加者を募集中

皆様はStartup Weekendというコミュニティをご存知でしょうか。聞いたことはあるけれど、実際に参加したことはないという方も多いのではないでしょうか。本日は、Startup Weekendの魅力と、2020年8月28日(金)から30日(日)にかけて開催予定の「Startup Weekend守山Vol.3 ONLINE」についてご紹介いたします。

 

Startup Weekendとは

Startup Weekend(以下、SW)とは、週末を利用して誰でも参加でき、またスタートアップをリアルに経験できる週末起業イベントです。アメリカで始まり、今では日本を含む全世界で開催されています。

SWの参加者は、与えられた54時間という長いようで短いイベント時間の中で、最終日のピッチでの優勝を目指し、チームに分かれビジネスプランを詰めていきます。

ここで重要となるのが、「No talk, all action.」という言葉。

ただ議論を重ねるだけではなく本気でアイディアをビジネスにするために、実際に行動を起こすチャレンジャーを奨励するSWの価値観が現れています。

 

起業イベントということで敷居が高いように感じる方もいらっしゃるかと思います。しかしSWはむしろ逆で、スタート地点からスタートするのではなく、スタート地点に立つことを目指すイベントです。そのため、最も参加しやすい起業イベントだと言えるかもしれません。

実際にこのイベントは、起業家の参加者が多いというわけではありません。ビジネスマンはもちろん、主婦や大学生、小学生の参加者もいらっしゃいます。

様々なバックグラウンドを持つ参加者と共に切磋琢磨し、チャレンジ力を養うことができるSWは参加者にとって確実にかけがえのない転機となるでしょう。

 

詳しいイベントの様子は下記記事をぜひご覧ください。

 

SW静岡に参加した大学生の感想レポート

https://expact.jp/startup-weekend-s01/

 

SW浜松のスポンサー・オーガナイザーのインタビュー記事

https://expact.jp/startup-weekend-hamamatsu-mobility/

 

SW守山Vol.3の2つのポイント

2019年9月に初開催されたSW守山とそのコミュニティは、滋賀大学や守山市行政といった産官学の連携から始まりました。

 

SW守山Vol.1の模様はこちら

https://nposw.org/2019-09-27-29-startup-weekend-moriyama1/

 

半年後の2020年3月に開催を予定していたSW守山Vol.2は感染症拡大を受け、6月にオンライン上で開催されました。不安定な情勢の中での開催でしたが、初回に匹敵する30名もの参加者が全国各地からオンライン上に集い、滋賀から始まる新たなチャレンジに期待が高まりつつ幕を閉じました。

 

そして迎える今回のSW守山Vol.3にはポイントが2つあります。

 

・参加費が無料

従来は、会場設置費用や3日間の食事代のために参加費を支払う必要があったSWですが、

今回はオンライン開催ということで、参加費で賄っていた諸経費が不要となり、誰でも無料で参加できるようになりました。

社会人参加者はもちろんですが、学生参加者にとっては金銭的ハードルが無くなったことでより参加しやすくなったのではないでしょうか。

 

・ONLINE開催でリモート参加

感染症対策のため、今回もZOOMでのオンライン開催となりました。今まで開催地が遠く、「会場へ行くのが大変」「泊りがけで参加しなくてはならない」といった理由で参加を断念されていた方でも非常に気軽に参加できるようになりました。

 

リモートかつ無料で参加できるSW守山Vol.3。興味はあるけどまだ参加したことがないという方にとってのファーストステップとして非常にピッタリな回となっています。

 

終わりに

今回の感染症拡大を受け様々なイベントの在り方が変わっている今。そんな中まさにスタートアップコミュニティのNew Normalを切り開いていくSW守山Vol.3 ONLINEにぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.